スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Riddle

2013–02–12 (Tue) 16:43
呟く所で御一緒させて頂いております絵師様の絵に惹かれて、
お話を書かせて頂きました。
絵のタイトルを“悩むスチャン”と付けていらっしゃいまして、
非常にそそられてしまいました。


それでは、行ってらっしゃいませ。





The Riddle



整えた身支度を鏡で確認し、私は厨房へ向かう。
使用人たちに一日の仕事の指示を出し、
当主である坊っちゃんの起床に備え、
目覚めの紅茶と朝食の支度をするのだ。
まずは紅茶の銘柄を選び、紅茶に合うティーセットを選んで、朝食を作り、
用意が出来ればワゴンに載せて、坊っちゃんの部屋へと運ぶ。
こうして、また新しい一日が始まる。

坊っちゃんの執事として生活し始めて、退屈と無縁になった。
この屋敷では日々、何事かが起こる。
家女中がせっかくのお客様用の食器を粉砕させ、
料理人は厨房を吹き飛ばし、
庭師が庭を荒野と化すのなどは日常茶飯事。
怪しげな貿易商は義妹を連れて前触れもなくアフタヌーンティーの頃に現れ、
さも当然とばかりにテーブルに着く。
侯爵家の貴婦人たる坊ちゃんの婚約者の少女も、
唐突に訪れては、想定外の行動で坊っちゃんや屋敷の者を振り回す。
警察の最高責任者が“鼠取り”の依頼に現れ、
女王からは“憂いの手紙”が届き、
坊っちゃんは“裏社会の秩序”としての仕事に駆り出される。
時には、人間界で遭遇するのは稀な筈の死神とも対峙を繰り返す。
私は坊っちゃんの傍らで“人”らしく、
そして名門貴族の執事らしく振舞ってみせつつ、
契約に従い、小さな主を護る盾となり剣となって闘う。
こんな面白さを味わわせてくれる契約者は初めてだった。
見た目には幼さを残す少年伯爵だが、
私でさえ感服する時があるくらい、
身の内に隠した計算高さ、狡猾さは既に老練の域だ。

微塵も躊躇うこと無く、奈落への道を真っ直ぐに歩んでいるのだとは、
坊っちゃん自身と私以外には知る者はいない。
死神達は、知っていても関与したりはしてこない。
“人”の死の審査をするのが彼らの勤めであるから。
悪魔である私と契約を交わした坊っちゃんは、
既に彼らの審査の対象外なのだ。
何故なら、その魂が天の門を潜る事はないから。
時を掛け、より芳醇になっていく魂。
こんなにも上質な魂を持つ主は滅多にいない。
受け取る時には、きっと滴るほどに美味になっている事だろう。
執事の真似事までして手にする時を待っているこの魂を、
他の誰かに触れさせることなど絶対に有り得ない。
神の所に行く事を拒否した坊っちゃんの魂は、私だけのものなのだった。

サラサラとした髪を指に絡め、
淡い薔薇色の唇を食み、
陶器の様に滑らかな肌を撫で上げ、
零れる吐息を一つ残らず耳で拾って、
潤んで揺れる瞳を見詰め、
桜貝色の爪の先まで味わって、
陶酔を分け合う時間を幾度も過ごしてきた。
その身体で私のものでない所など無いと言い切れる。
それなのに・・・。
例えば怪しげな貿易商が、
例えば婚約者の侯爵令嬢が、
坊っちゃんの身に触れるのを目にする度、
どこかチリチリとした思いに駆られてしまう。
こんな感覚は私の知らないものだ。

何かが足りない気がしてならない。
その身も魂も余す所なく私のものだというのに、
欠けているものがある気がするのは何故なのだろう。
身体など魂の器に過ぎない筈なのに、
私以外の誰かが触るのを見るのを不快とする事と関係があるのか。
確かに、悪魔は独占欲が強い。
自分の獲物に他者が関与しようとするのを嫌う。
しかし、それは奪おうとされる場合の事だ。
“人”である者には決して奪われはしないのに。
坊っちゃんに対して私がこんなにも執着するのは、
ほんの瞬きほどの間でも退屈から解き放ち、
享楽を提供してくれる存在であり、
非常に希少な極上の魂を持っているからだけなのだろうか。
契約者に対して執着する理由などと、
かつて考えた事もないような事を、私は考えている。
坊っちゃんは、本当に私を飽きさせる事がない。

坊っちゃんの寝室のドアをノックする。
返事が無い事は想定内だった。
執事として一応は声を掛けてドアを開ける。
案の定、坊っちゃんはまだ眠ったままだ。
昨夜は少々遅い時間までお付き合い頂いたのだ。
まだお子様の坊っちゃんには無理もない。
目覚めの紅茶と朝食を用意したワゴンを押して中に入っていく。
「坊っちゃん、お目覚めの時間ですよ。」
厚いカーテンを全て開けて、朝の陽光で部屋を満たす。
坊っちゃんは眩しげに瞼を瞬くと、伸びをして体を起こした。
「今朝はダージリンか。」
まだ気だるげな声で言う。
「はい。今朝はフォートナムズのものをご用意しました。」
手渡したカップから立ち上る香気を嗅いで、一口飲み込む。
「まあまあだな。」
気難し屋で名高い少年伯爵らしいもの言い。
けれど、ほんの数時間前に同じ口から出た別の声色を思い出し、
私はこっそりと口角を上げる。
「何だ。何を笑っている?」
坊っちゃんは流石に目ざとかった。
「いいえ。何でもございません。」
にっこりとして答え、今日の予定を告げながら、
私はまたしても坊っちゃんへの執着の理由という、
今までにない不可解な思考に捕らわれているのだった。



END



※※※  ※※※  ※※※

コメントを寄せて下さいました方々、本当にありがとうございます!
とても励みになりました!

体調と相談しながらの創作ですが、
書きたい気持ちを後押して頂いております。
「にゃんとむはいぶ」のお話の続きも書きたいですし、
「Heartbeat」の続きも書きたい思いを持っております。
個人的には「その淑女」も気になっております。

先日、黒執事オンリーイベント【揃執事】にて、
初めて自家製コピー本を作って無料配布させて頂きました。
拾ってやって下さいました方々に心より感謝を申し上げます。
イベントにいらっしゃれなかった方々もおいでの事と思いますので、
お話の方は、頃合いを見ましてこちらにもUPさせて頂きます。
今少しお待ちくださいませ。

           たままはなま

スポンサーサイト

« この後は有料です | HOME |  ビタラビ坊っちゃんで桃の節句 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://lapinblue.blog10.fc2.com/tb.php/144-23b65889

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

たままはなま

Author:たままはなま
生息地域 日本で唯一、神無月の無い県
誕生日  5月24日(双子座)
血液型  AB型
行動の指針 後悔は少ない方がいい。やらずに後悔する位なら、今やって失敗した方がいい。「このままで、明日、命を落としても後悔しないか?」これが、最終判断の基準です。
黒執事キャラ占いで、47%がセバスチャン、タナカが33%、劉が10数%、葬儀屋が8%、アバーラインが数%、坊ちゃんが1%で出来ていると出た人。
歯医者の待ち時間や、通勤の運転中にも、次回の執筆のネタを考えている創作好き。
こんな管理人でございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます<(_)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Chat Noir

Fc2拍手

お礼SS
web拍手 by FC2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

すぴばる

つぶやき すぴばる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。