スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーリーズ Ⅳ

2011–09–23 (Fri) 14:01
また体調が不安定になってしまい、
長らく更新が出来ませんでした。
お待ち下さっていらした方々に申し訳ない思いです。

ちらほらと呟く処で落としていたものを纏めましたので、
UPさせて頂きます。

今回は、タイトルに凝ってみました。
(あくまでも本人としては、ですが^^;)

それでは、いってらっしゃいませ。




ストーリーズ Ⅳ

No.1 聞きたい。けれど、言いたくない。

「ただ一度、言って下さればいい。」
「嫌だ。」
「なぜ?」
「お前も言わない事を何故僕が言う必要がある。」
「主だから、ですかね。」
「下僕から言うべきだろう。」
「そのようなおこがましい事は出来かねます。」
「お前が言えば考えてやる。」
「狡いですね。」
「お前がな。」
「必ず言わせますからね。」



No.2 闇の仕事は、闇に生きる者が。

「これだけ街に灯が増えたというのに、相変わらず闇の仕事は減らないものだな。」
「坊ちゃん、日の光が強いほど、影は濃くなるものですよ。」
「なるほどな。」
「さあ、お支度が整いました。」
「人使いが荒い事だ。」
「くすっ。人外ですけれど。」
「行くぞ、セバスチャン!」
「イエス、マイ・ロード。」



No.3 全ては貴方の為に

「人外の起こす事件ならお前の出番だろう。」
「坊ちゃん、怖いなら留守番なさっていて結構ですよ。」
「ハッ、誰に向かって口をきいている!」
「あの方と一歳しか違わないとは思えない、大変小柄な坊ちゃんにですが?」
「大変は余計だ!」
「貴方を抱いたまま片手で倒してみせますよ。」
「やって見ろ!」



No.4 貴方の声に縛られる

「私が命令が無ければ動かないのは、貴方の声が聴きたいからです。」
「いい加減な事を言うな。」
「本当ですよ。」
「声が聴きたいだけなら歌ってやろう。」
「どうせなら啼いて下さる方が嬉しいですね。」
「何言って…!」
「出来れば、命令よりもおねだりが聴きたいのですよ。」
「お前、おかしいぞ!」



No.5 眩惑する唇

「湖面が宝石のようだな。」
「宝石のようなのは貴方ですよ。」
「馬鹿な事を。」
「貴方は二つとない特別なものです。」
「えらく持ち上げるじゃないか。」
「ご褒美が欲しくて、といえばご満足ですか?」
「そうだな。そのよく動く口に褒美をやってもいい。」
「眩暈がするようなご褒美を下さいませんか。」



No.6 怒ってみせて

「坊ちゃん、お目覚めのお時間です。」
「…。」
「坊ちゃん。」
「…ん。」
「起きて下さらないと。」
「ぅん…。」
「そんな声でお返事なさるとキスしますよ。」
「…。」
「キスをご所望でしたか。」
「あ?」
「困った坊ちゃんですね。本当にキスしますよ。」
「出来もしない事を言う。」
「誘い受けですか。」



No.7 喜ばせてなんかやらない

「坊ちゃん、もうお休みになりませんと。」
「この書類だけ終わらせたら寝る。」
「もう1時間以上も同じページをご覧ですが?」
「ビターシリーズで猫を作ってほしいという声が多いらしい。」
「お作りになれば宜しいでしょう。」
「嫌だ。」
「なぜ?」
「…。」
「裏庭の彼女が気になりますか?」
「ふん!」



No.8 可愛いから苛めたい

「誰が鳴いてるって?」
「くすっ。失礼、まだでしたね。」
「まだとは何だ!僕は鳴かないぞ!」
「貴方のスイッチを知っているのですよ?」
「スイッチ?」
「そうですね、例えばここ。(耳にキス)」
「んっ…///。」
「ほら。」
「驚いただけだろう!」
「それではここ。(首筋にキス)」
「…///や!」



No.9 気にしてない訳じゃない

「坊っちゃん、不器用ですのに何をお作りになるおつもりだったのですか?」
「…トマトのジュレ。」
「何故?」
「吸血鬼の非常食がトマトだとか聞いたから…。」
「私はあくまで悪魔ですよ?」
「知ってる!ちょっと魂の色に似てるかと思っただけだ!」
「貴方の魂の色は、ダイヤよりも透明で美しい。」



No.10 悪戯も楽しい

「…!お前、僕に仕事をさせる気があるとは思えんな。」
「なぜです?」
「なぜ?自分の身に聞け!」
「私の身に?何かありますか?」
「何かだと?」
「仰る意味が分かりませんが?」
「仕事の効率化の為に膝に乗せただのとどの口が言う!」
「口は一つしかありませんよ。ここに…。」
「…///この馬鹿!」



No.11 貴様、Ⅲ期の為かあああ!

「坊っちゃん、申し上げにくいのですが。」
「何だ?」
「あの、御髪が…抜けております。」
「別に普通だろう。」
「それが、無くなっている個所が。」
「何だと?」
「脱毛症かと。」
「くそっ!クロードの所為だ!毎日タップの練習に来てうるさくするからだ!」
「息の根を止めて来ます!ええ、今すぐに!」

※このお話は、相互リンク先の管理人様にして私の妹、
 良野りつ様の新居の上階から、タップを踏むような大きな音が、
 連日聞こえて困っているという事で、Ⅲ期の練習の為なら、
 ほんの少しは気が紛れるのにと言う所からのお話しです。
 下に住人のいるマンションでのタップの練習はお控え下さると助かります。


No.12 この身の内にあるもの

言わない言葉がある。
それは言葉にしてはいけない言葉。
僕の中に在るそれを、外に出してやる事は出来ないのだ。
時に暴れ、時に怯えるそれを、上手く飼いならすのは難しいが、
封じ込めておく事だけはしなければならないのだ。
僕とヤツのバランスを壊さない為に、僕は口を閉じる。
魂と共に喰らうがいい。



No.13 可聴域を超えても

聞く事の叶わない言葉に耳を傾けている。
決して音に変換してはもらえない言葉。
すぐ傍に、その言葉を持った貴方が居るのに。
貴方の仕草、視線から微かに滲む言葉を、
音になる事はなくても、私の耳は確かに聞く。
大切で、大事で、他人に聞かせるのは惜し過ぎるので、
聞き返さずに、貴方ごと抱き締める。



No.14 仮面劇

お前は嘘を吐かない。代わりに、お前は黙り込む。
ニッコリという言葉の通りの笑顔で笑いながら。
仮面の奥のお前の表情が見られたなら、お前の言葉が見える気がするのに。
その仮面を引き剥がしてやりたい衝動を抑え、僕は仮面に気がつかないふりをする。
所詮、似た者同士。
お前も同じ事を思っている筈。



No.15 ふしだらな顔?

「セバスチャン、喉が渇いた…。」
「起き上がらなくて結構ですよ。」
「…水は後にする。シーツを替えてくれ。」
「では、」
「いや、やめておこう。」
「なぜです?」
「お前、どうもイヤラシイ感じがする。手錠をしてから僕の世話をしろ!」
「貴方までそんな事を。拗ねますよ?」
「その手に乗るものか!」

※セバスチャンは、フランシス叔母様から「イヤラシイ」「ふしだら」と、
 不名誉なお言葉を頂いてばかりですが、まあ、確かに・・・。


No.16 瞳の伝説

小指に赤い糸が結ばれているという伝説は何時からあるのだろう。
糸は、いつか手繰り寄せられて、その先に居る運命の相手と出会うという。
しかし、僕に糸は無い。
あるのは右目の印。契約の光が繋がる先にはヤツの赤い目。
ヤツは僕を捕えているが、僕もまた、ヤツを捕えているのだ。
これは新たな伝説か。


End



※※※  ※※※  ※※※

あとがき

140字の内容を補足するようなタイトル等を付けてみたつもりですが、
如何でしたでしょうか?
お気に入って頂ければ幸いです。

先日、長く使った携帯電話が不具合を起こすようになり、
機種変更をしに行きましたら、どうしたわけか、
スマートホンに変更になりました・・・。
使い慣れるまで戸惑うかもしれないと言われた割には、
何とか基本機能だけは使えるようになって来ました。

スマホ育てにも頑張りますが、
新作執筆にも頑張ります!!
書き掛けのものが溜まって参りましたので、
本当に頑張らないと^^;
どうぞまたお越し下さいますようお願い申し上げます。

              たままはなま
スポンサーサイト

« 白雪姫と7人の小人 (10000打記念 コラボ作品 Ⅰ) | HOME |  長らくの不在、申し訳ございません »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://lapinblue.blog10.fc2.com/tb.php/128-9a458777

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

たままはなま

Author:たままはなま
生息地域 日本で唯一、神無月の無い県
誕生日  5月24日(双子座)
血液型  AB型
行動の指針 後悔は少ない方がいい。やらずに後悔する位なら、今やって失敗した方がいい。「このままで、明日、命を落としても後悔しないか?」これが、最終判断の基準です。
黒執事キャラ占いで、47%がセバスチャン、タナカが33%、劉が10数%、葬儀屋が8%、アバーラインが数%、坊ちゃんが1%で出来ていると出た人。
歯医者の待ち時間や、通勤の運転中にも、次回の執筆のネタを考えている創作好き。
こんな管理人でございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます<(_)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Chat Noir

Fc2拍手

お礼SS
web拍手 by FC2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

すぴばる

つぶやき すぴばる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。