スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリーズ Ⅲ

2011–08–29 (Mon) 14:01
140字のお話がまた少し溜まりましたので、
まとめてみました。

呟く処でUPする時にはタイトルはございません。
ブログにUPするに当たって、改めて読み返し、
イメージに合わせてタイトルを付けております。

タイトルもお話しの一部のつもりですが、
さて、お楽しみ頂けますでしょうか?

それでは、いってらっしゃいませ。



ストーリーズ Ⅲ


№1 貴方に涼を

「セバスチャン。」
「はい、何でしょうか?」
「うっとうしいんだが。」
「うっとうしいですか?」
「この態勢はうっとうしいと言っている。」
「今日は暑いですからね。」
「意味不明な事を。」
「私の体温が低めだと仰るから冷やしてさしあげておりますのに。」
「椅子ごと抱き締められても涼しくないぞ!」



№2 Un segreto

「いつか・・。いえ、止めておきましょう。」
「何だ、言いかけて止めるな。気持ちが悪い。」
「確率の低い仮定の話ですから、お忘れ下さい。」
「もう聞きかけてしまったものを忘れられるか。」
「まだ、本題ではありませんから。」
「いいから言え!」
「命令は無しですよ。唇を塞がれるのがお厭なら。」

※タイトルは、イタリア語で“秘密”
 フランス語では坊ちゃんにも解ってしまうから、セバスチャンは時折、
坊ちゃんに理解できない言語を使うのです。



№3 mosquito 完結編

「坊ちゃん、お部屋の隅に字らしきものが書かれた紙が貼られていますが?」
「ああ、タナカが貼ったものだ。」
「何の為にです?」
「不埒な蚊が出入りするので魔除けだそうだ。」
「下等なものには効いても、私に効くようなものではありませんよ。」
「僕は、上級レベルの不埒な蚊に魅入られたようだな。」



№4 本気出します!

「セバスチャン、お行儀が悪いぞ!」
「はい?私が何か?」
「お前ではない。」
「は?」
「こら、止めろ、くすぐったい!」
「坊ちゃん?」
「おい、何処に入って・・!」
「何です?」
「劉が預けて行った鳥が、ジャケットの中に・・ちょ、止め・・!」
「いい度胸ですね。鳥といえども容赦はしませんよ。」



№5 タイミング

「はあ、アロイス様が抱っこを要求なさるようになられたと。」
「貴殿、どういうタイミングで坊ちゃんを抱っこしているのだ?」
「改めて訊ねられても困りますが、その場の雰囲気、ですかね。」
「雰囲気…。」
「抱っこをしたい、されたい気持ちが合った時とでもいいますか。」
「…。」
「朴念仁ですね。」



№6 花魁と禿

「おお!これが噂に高い太夫!」
「くすっ。」
「そしてこちらが人気の禿!」
「…。」
「楼主、私には太夫では高過ぎるようですので禿だけという訳には?」
「禿は太夫から離せぬものでありんす。」
「フン、太夫が離さないの間違いでありんしょう。」
「私には2メートル越えの太夫は…。」「小柄過ぎ。」



№7 花魁と禿 その2

「花魁の高下駄、また割れたそうだね。私が特注の物をプレゼントさせてもらうよ。」
「おや、嬉しい事を言って下さるのでありんすなぁ。」
「普通の花魁装束の1.7倍の重さが掛かるからでありんしょう。」
「そろそろ新造に上がる歳だというのに、禿のままなのはどなたでありんす?」
「今に育つんだ!」

※花魁を呼び出した客は、美しいものに目の無い某子爵です^^



№8 舞子と半玉

「おこしやす。」
「ああ、入りたまえ。」
「セバ奴どす~。」
「こ、これは随分と大柄な舞妓だね。」
「へえ、相方の舞妓がえろう小柄どして、足して2で割ると丁度よろしおすのどす。」
「君も入りたまえ。」
「し、シエ奴どす…。」
「何と愛らしい!私の隣に来たまえ!」
「半玉どすので、私が参ります。」



№9 舞子と半玉 その2

「半玉?」
「舞妓見習いの事どす。旦那さんのお傍にはまだ行かれしませんのどす。」
「もう、3年も半玉のままだが…。」
「シエ奴、何か言わはりました?」
「い、いいえ、姐さん!」
「踊って貰うのは構わないのだろうね?」
「それが、シエ奴は祇園始まって以来の運動音痴どすねん。」
「練習中なんだ!」



№10 舞子と半玉 その3

「シエ奴は何なら出来るのだね?」
「ゲームなら負けしまへん!」
「そうか!ではゲームをしよう!」
「旦那さん、負けた方はお酒を飲むのどすが、
シエ奴は飲まれしまへんので私が飲ましてもろてかましまへんか?」
「おお、いいとも。」
「ウワバミとも知らずに。」
「シエ奴?」
「な、何も言ってない!」



№11 舞子と半玉 その4

「どんなゲームをするのかね?」
「へえ、簡単なのは“虎虎”どすなぁ。」
「虎はお婆さんよりより強い、お婆さんは猟師より強い、
猟師は虎より強い。ルールはこれだけどす。」
「ほう、それは簡単に出来そうだ。」
「シエ奴は強おすえ。旦那さん、お気ばりやす。」
「負けまへんえ。」
「私も負けないよ!」



№12 その5

「と~らとら♪」
「また旦那さんの負けどす。」
「君、この屏風が透けて見えるのじゃないのかね?」
「そんな事あらしまへん。」
「ほな、違う遊びにしはりますか?」
「簡単なものにしてくれたまえよ。」
「金毘羅船船が宜しいのと違います?」
「盃を取ったり取らなかったりするだけどす。」
「それだね。」

※舞子と半玉をお座敷に呼び出したのは、可愛いものに目の無い某侯爵です。
 たまには、どっぷりと可愛らしいものに浸りたいのでしょうね^^;



END



※※※  ※※※  ※※※

あとがき

次回は、旅行のレポの第2弾をお届け致します。

そして、とうとうやって参りました!!
皆様のお蔭で10000打を越える事が出来ました!
本当にありがとうございます<(_ _)>

拙いお話しと、たまに拙い絵をUPさせて頂き、
それを皆様がお読み下さる事で、
この記念すべきヒット数を迎えさせて頂けました。
望外の喜びでございます。

この嬉しさを、皆様と分かち合わせて頂けましたらと思い、
10000打記念の企画致しました。
呟き処の方とコラボをさせて頂いた作品を、順次UP致します!
という事で、
第1弾の作品の準備に入りました。

お描き頂いた絵にお話を添えさせて頂きます。
イラストは、こちらです。

10000記念コラボbyおもち

どんなお話しになりますか、どうぞお楽しみになさって下さいませ。
私も楽しみに書かせて頂きます^^

               たままはなま
スポンサーサイト

« たままはなま が旅をして | HOME |  たままはなま が旅をして その2 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://lapinblue.blog10.fc2.com/tb.php/125-f459bc6e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

たままはなま

Author:たままはなま
生息地域 日本で唯一、神無月の無い県
誕生日  5月24日(双子座)
血液型  AB型
行動の指針 後悔は少ない方がいい。やらずに後悔する位なら、今やって失敗した方がいい。「このままで、明日、命を落としても後悔しないか?」これが、最終判断の基準です。
黒執事キャラ占いで、47%がセバスチャン、タナカが33%、劉が10数%、葬儀屋が8%、アバーラインが数%、坊ちゃんが1%で出来ていると出た人。
歯医者の待ち時間や、通勤の運転中にも、次回の執筆のネタを考えている創作好き。
こんな管理人でございますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます<(_)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Chat Noir

Fc2拍手

お礼SS
web拍手 by FC2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

すぴばる

つぶやき すぴばる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。